元尼僧の占い師が電話占いにも挑む!結喜先生の占い鑑定とは?


元尼僧の占い師が電話占いにも挑む!結喜先生の占い鑑定とは?

元尼僧の占い師が電話占いにも挑む!結喜先生の占い鑑定とは?

結喜先生は2012年、「占い師の東大」とも言われる老舗、原宿『塔里木』に所属するようになりましたが、近年ではヴェルニにも所属し、電話占いを行うようになりました。また、個人でも活躍の場を広げており、今後の活動も期待される新星です。

 

 

そんな彼女は1970年代生まれですから、新星とは言っても30代後半から40代です(関係ありませんがとても美しい人です)。しかも、実家は由緒ある寺院。代々、僧侶、祈祷師、霊媒・霊能者の家系です。したがって結喜先生も得度を経験されて、占いに転向してからも僧侶をしばらく続けていました。

 

 

こうして占い師の結喜先生が誕生した

 

そんな彼女が占い師に転向したのは、2002年に霊能者からスカウトを受けたからです。もともと霊感は強かった彼女は小さな頃から占いに親しんでいました。そんな環境のなか、最終的に占いを選んだのは、宗教では人を救えないとの考えに至ったからです。

 

 

彼女が尼僧生活から完全に脱却したのは2012年のこと。この年は老舗、原宿『塔里木』に所属した年でもありますし、翌年には静岡から東京へ移住した年でもあります。結喜先生が名実ともに占い師となった年でもあります。

 

 

結喜先生の鑑定スタイルと霊能力の扱いについて

 

彼女は修行中も多くの占術を学びましたが、同時に生まれ持っての霊感力・霊能力も授かっています。ですので、霊感・霊視を使う占いに載せることもできるのですが、結喜先生はそれを積極的には載せず、メインの西洋占星術やタロットカード、九星気学、数秘術、アストロダイスらを組み合わせて総合的に鑑定し、霊感・霊視は補助的に使っています。

 

 

霊感・霊視の技術は、結喜先生の個人的な活動でもあるスピリチュアルアドバイザーとしての活動にも役立つものでもあります。ですから、占い師の結喜先生としては、そちらの顔を思いっきり出さないようにあえてしているようです。

 

 

ですが、彼女の占い鑑定は自然と彼女の霊能力が生きてくるのか、評判も高いです。また占う姿勢にも相談者の目線を無視しない寄り添いの心があります。ですので、電話占いでも彼女の鑑定は注目されてくるのではないでしょうか。

 

 

なお、鑑定にあたっては、事前に生年月日情報をお聞きしていますので、準備したほうが良いでしょう。

 

 

結喜先生の評価は?

 

電話占いでは経歴がまだ少ない結喜先生ですが、自分のホームページヘの相談はすでにかなり多く、彼女が注目すべき先生と思われていることが伝わってきます。話題性もある彼女は、占い師としても間違いなく成功する人だという気がしています。

 

結喜先生への相談はコチラから