「マヤ曼荼羅体系理論」をつくり今も電話占い続ける弓玉先生とは


「マヤ曼荼羅体系理論」をつくり今も電話占い続ける弓玉先生とは?

「マヤ曼荼羅体系理論」をつくり今も電話占い続ける弓玉先生とは

弓玉(ミロク)先生は『塔里木』に所属する占い鑑定士ですが、古代マヤ暦を使った「マヤ曼荼羅体系理論」を日本で初めて創始した人物でもあります。そのため、弓玉先生は日本におけるマヤ占い研究の第一人者としての肩書きも備えています。

 

 

古代マヤ暦占い他の暦占とも違う神秘性が魅力

 

また、彼女はマヤの占術や霊視、波動リーディングも行い、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えも導き出します。そのため、各界の有名人、実業家、経営者をはじめ、作家・クリエーター、デザイナーからも高い人気を誇っています。

 

 

古代マヤ暦は他の占術と比べると、リンクする部分もありますが、明らかに他の占術との違いもあり、どうしても古代マヤ暦の新しい面に惹かれてしまいます。

 

 

忙しく活動を重ねる弓玉先生の電話占いですから、電話占いを受けられれば非常にラッキーなことではないかと思います。

 

 

弓玉(ミロク)先生の鑑定方法とやったことの功績について

 

古代マヤ暦占いは、生年月日が必要です。そして各人のマヤチャートを作ってリーディングしていきます。あとは、相談者の悩みに応じて、マヤオラクルカードをリーディングすることもあります。

 

 

なお、古代マヤ暦占いは、各方面でウェブサイトが立ち上がるなどしていますが、一旦生年月を入れてしまえば、簡易的ですが重厚な占いができように作ったものもあります。

 

 

たしかに、これもすごいことだと思いますが、何より弓玉先生が直接オラクルカードを切って占ってくれるところが、何よりありがたいことと思えませんか?

 

 

弓玉先生は学術的な見地から見ても、素粒子などの物理学などを学ぶ一方で、ユングの心理学的理論を探究し、これを占術として確立させました。その功績はただが占いの世界ですが、やはり大きいと言わざるを得ません。

 

 

事業が大成功しても占い活動を忘れない弓玉先生

 

これだけ大きな占法を確立させた弓玉先生ですが、実は根っからの占い師であることを感じてしまいます。

 

 

いまウェブサイトを通じて弓玉先生はエキサイト占いの監修者にもなっており、本の執筆やサイトの監修だけでも十分忙しいはずです。それなのに、地道に占い活動を続けているところに、弓玉先生らしさを感じてしまうのは筆者だけではないでしょう。

 

 

口コミレビューの評価はもちろんどれも高いもので、電話越しのオラクルカードを切る音に、皆さん感動しているのがわかります。また鑑定自体も非常に当たるようで、的中率の高さにも驚きます。

 

 

いつまで、占いを続けてくれるのかわかりませんが、とりあえず先生の電話占いが大当たりなのは当分変わらないでしょう。

 

弓玉先生への相談はコチラから