実は母も占い鑑定士だった!月菜先生の電話占い


実は母も占い鑑定士だった!月菜先生の電話占い

実は母も占い鑑定士だった!月菜先生の電話占い

月菜先生は霊能者の鑑定士を母親に持つ方で、月菜先生ご自身もその力にきづきながら大人になっていきました。母の仕事を間近で見て育った彼女は、霊能者として、占いの世界で生きていく大変さをよく実感されていましたので、当初は占い以外の仕事についていましたが、占いから離れようとすると体調を崩してしまうことから、離れることを諦め、占い鑑定を仕事にする決意をします。

 

 

今ようやく、自分に覆いかぶさるものが取れた気がしているということですが、やはり本人は使命だったと感じているようです。

 

 

本人が言うには、自分はまだ必要な修行が足らないところがあると云います。それでも、電話占いをヴェルニで続けてから、月菜先生のファンも次第に増えています。それでは、先生の鑑定についてみていきましょう。

 

 

月菜先生の鑑定スタイルは

 

月菜先生の鑑定は基本的に霊感・霊視です。ですからスタンダードな占い師とは違い、持って生まれた霊感だけで鑑定を進めていきます。こういう系統の方は、基本的に生年月日などを聞かず鑑定のは入る方が多いのですが、月菜先生は生年月日も聞きますし名前も聞くそうです。

 

 

これは、聞いた方がより短時間のうちに鑑定ができるからだといいます。また、相手がいる場合は、その方の下の名前だけでも確認するということなので、最低限、分かる範囲で用意しておくと良いでしょう。

 

 

言葉が降りてきてからが鑑定士の腕の見せどころ

 

この後、降りてくる、あるいは浮かんでくるメッセージを口頭で伝えるわけですが、当然ですが月菜先生は悪い話でも、基本的にはありのままを伝えるということを大切に考えています。

 

 

その対処法をお客様とともに考えることが、占い鑑定の大切な部分ですし、鑑定士の力がどれほどなのかも分かるのがこの段階です。なお、月菜先生は「どのようなお悩みでも一緒に解決して行けるように全力を尽くす」と言っています。

 

 

占い鑑定は、望ましい結果が出るとは限らないことは、あらためて知っていなければならないと思います。

 

 

ほとんどの霊障・霊媒問題は環境をきれいにしていれば防げる

 

月菜先生の得意分野は人間関係全般と体調に関することと言いますが、霊障・霊媒の相談も受けています。霊的な問題は、大部分が生活環境に問題がある場合がほとんどで、そこを直さないことには霊障問題は解決もしません。

 

 

むかしからよく言われていることですが、住まいの掃除が行き届いていない家には、レベルの低い霊が引き寄せられます。掃除が不十分な家は要注意です。

 

 

また、そこに住んでいる人が、例えば食事の後の歯も磨かないような不潔な環境にいたとしたら、それも要注意です。つまり、掃除が行き届いた環境で生活し、いつも身綺麗でいることが一番の霊障・霊媒対策となります。たまには自分を振り返ってチェックしてみましょう。

 

月菜先生への相談はコチラから