生年月日の重要性を知っている夏樹薫先生の電話占い


生年月日の重要性を知っている夏樹薫先生の電話占い

生年月日の重要性を知っている夏樹薫先生の電話占い

夏樹 薫先生は30年以上もの鑑定歴をもつ超ベテラン。また、電話占いでは、懇切丁寧な会話力に人気が集まっています。また、先生は、ひとつの占術にこだわらず、より多面的な占い方を重んじる、良い意味で古いタイプの占い師です。どんな込み入った相談も、投げ掛けてみれば良いでしょう。

 

 

夏樹 薫先生は祖父から天源十二宮の占いを学ばれたようですが、そうした占いの先輩が身内にいたということは、普通の家庭とは違い、間違いなく霊感も研ぎ澄まされていた家系のはずです。にもかかわらず、霊感だけにすり寄らず、祖父を通じて出会った天源十二宮の占いをきわめていったところも、夏樹先生らしいのではないでしょうか。

 

 

生年月日の聞き取りと鑑定の善し悪しはあまり関係ないこと

 

先生を「良い意味で古いタイプの占い師」としたのは、そういうところです。

 

 

たとえば、昨今人気の「霊能力だけで」相談者を鑑定することが、占いの世界ではまだはばかれる時代がしばらく続きました。ただ、それが悪いことばかりとは言えないことでもあって、むかしの占い鑑定士はたとえ霊能力に自信があっても、占術として通用するものを、それぞれ一生懸命マスターしたわけです。

 

 

ところが、霊能力だけで人が鑑定できる人が出てきたことで、いわゆる「鑑定前に生年月日を聞かなくても占える人」も増えました。ただ、生年月日を聞き取る必要がないから、占い師としてすぐれているわけではまったくないのであって、名前や生年月日をきちんと聞き取るむかしながらの鑑定スタイルにも、当然ですが良い鑑定の仕方はたくさん残っています。

 

 

夏樹先生は後者のタイプの占い鑑定士だと思いますが、実際に鑑定をしてもらうと、少なくとも、生年月日を聞く・聞かないは、鑑定する力には関係がないことはわかるのではないでしょうか。

 

 

夏樹先生の鑑定スタイル

 

先生の鑑定は、まず生年月日を聞き取るところから始まります。生年月日を聞くのは、「現実に使える占い」をご自身も目指しているからです。夏樹先生は、天源十二宮も使いますが、このほかにも相談者の状況に応じて、四柱推命、宿曜、数理、オリエンタル占星術、オラクルカードなど複数の占術を用いることもあります。

 

 

やはり、話せる場合は伝えていただくと、生年月日はいろんな示唆を与えてくれる情報だとわかります。夏樹先生以外の占い師でも、とくに必要がないという人以外は、生年月日は伝えておくと良いでしょう。

 

 

天源十二宮占いとは何か

 

なお、天源十二宮というのは、あまり聞きなれない占術かもしれません。

 

 

天源十二宮とは、生まれた日ではなく、母胎に宿った日で占うもので、徳川家康の参謀であった天海僧正がもととなって、江戸時代に横山丸三が集大成したと言われる占い体系です。

 

 

そのなかで、横山丸三は「常に心を落ちつけて、人情を察し、親切忠実を旨として人の世話をする」ことの重要性を説いたと言われています。

 

夏樹薫先生への相談はコチラから