鑑定歴20年の大ベテラン詠天先生が話題の電話占いに挑戦!


鑑定歴20年の大ベテラン詠天先生が話題の電話占いに挑戦!

鑑定歴20年の大ベテラン詠天先生が話題の電話占いに挑戦!

詠天先生も、霊能者として活躍していた祖母の霊能力を受け継いだ方で、トータルの鑑定歴は20年に及ぶ大ベテランです。

 

 

詠天先生の鑑定スタイルとは

 

詠天先生は霊能力、霊視力をベースに、途中、守護霊や背後霊から届く声に耳を傾けるスタイルで鑑定を進めて行きます。

 

 

また、先生の場合は、対面だと手相による鑑定も入ってきます。電話占いでは写真などで手相のデーターを見せられるかもしれませんが、余程のことがなければ、先生もデーターを要求することはないようです。詠天先生は、手相でみる力も相当ある人なので、興味があればぜひみてもらうと良いでしょう。

 

 

なお、詠天先生は鑑定の前に名前や生年月日などのデーターを取得するようです。これは、先生が数秘術を使って運勢の流れや、相談者との相性を判断するのに活用するからです。こうしてみていきますと、詠天先生はスピリチュアルな霊視力を基本としながらも、その力に依存せず、非常に多角的な占いを用いているのがわかります。詠天先生の鑑定で、ご自分の運命にも目を向けられてみてはいかかでしょう。

 

 

守護霊の役目について

 

詠天先生は、基本的に自分の祖母から受け継いだとする、霊能力を使って電話占いでの鑑定を行なってはいますが、そのなかでも特徴的な言葉として、守護霊や背後霊といった言葉がでてきます。

 

 

守護霊や背後霊は何となくはイメージできるでしょうが、たとえば守護霊と言うと、自分を助ける役目の霊と考えているかもしれません。ただ、より近い表現を使うのなら、守護霊とはその人を危険から守ってもらえたり、時には魂の向上を考えて宿題を与えてくれる存在だったりします。

 

 

とくに占ってみてほしいときというのは、何か宿題が出されているときかもしれませんので、自分で考える場合でも、いま守護霊が与えている宿題が何かを考えてみることは有効なことです。その上で、鑑定を受けてみると、また違う方向に領域が広がるかもしれません。

 

 

納得の鑑定は穏やかな人柄からか

 

詠天先生は『アメトーーク!』や『村上マヨネーズ』、『やまとナゼ?しこ』などのTV番組や、雑誌にも掲載されたりと、メディアの出演数が多いことでも知られていますが、これは人当たりの良さなどの、人柄から依頼が来るところが大きいでしょう。

 

 

同じように、電話占いのヴェルニでも、柔らかい人柄が人気をよんでいます。詠天先生のファンでなくても、納得の行く鑑定にリピートされる方も多いようです。

 

詠天先生への相談はコチラから