鑑定歴30年の超ベテラン!鬼塚ありす先生の電話占い


鑑定歴30年の超ベテラン!鬼塚ありす先生の電話占い

鑑定歴30年の超ベテラン!鬼塚ありす先生の電話占い

鬼塚ありす先生はヴェルニに所属してからはまだ2年ですが、鑑定歴は30年の超ベテランです。それだけに、豊富な鑑定経験から作られるバックボーンにも素晴らしいものがあるはずです。

 

 

先生は皆さんが、自分のことを好きになることが大事だと言っています。先生の占いで、自分の本来の魅力に気づき、自分を愛せるようになればどれほど素晴らしいかを伝えています。

 

 

鬼塚ありす先生の鑑定スタイルとは

 

鬼塚ありす先生は西洋占星術とタロットカードを使って電話占いをしていきます。そのため生年月日情報はあらかじめ聞いています。また、わかる方には出生時刻や出生地の情報も聞き取りしていますので、提示できる人は事前に伝えておきましょう。

 

 

ただ、先生が見ているのは西洋占星術だけではなく、タロットカードや易なども使います。よって、それらを使ってより複合的に鑑定していきます。

 

 

人気に陰りが見える西洋占星術?

 

ちなみに、西洋占星術は一時と比較すると、ピークは過ぎたとか流行が過ぎたと感じられるかもしれません。今でも昭和期にできた喫茶店で、テーブルに置かれた星占いの丸い機械を見かけることがありますが、あの機械のように古びたイメージが西洋占星術にはあるのではないでしょうか(その機械すら、見たことがない人もいるでしょう)。

 

 

まあ、それは言い過ぎだとしても、テレビの占いでも星座占いは確実に少なくなった気がします。12月占いはあっても、星座ごとの占いは本当に見かけることは少なくなりました。今でも見かけるのは週刊誌ぐらいでしょうか。

 

 

西洋占星術とは関係があるかわかりませんが、それまで親しんできた12星座に「へびつかい座」というワケのわからないものが加わった時期がありました(若い読者の方はおそらく知らないと思います)。でも「へびつかい座」は、当時の星占い、西洋占星術のファンには馴染まないものだったのだと思います。思えば、そこから「へびつかい座」だけではなく、西洋占星術も下火になってしまったような気がします。

 

 

先生の活躍が西洋占星術の盛り上るきっかけになることを願う

 

それから流行ったのは、どういうものかというと、いろんな占いを組み合わせた多角的な占いや、霊感を駆使したスピリチュアルなものです。一時は爆発的に流行った西洋占星術ですが、いまではほかの占いと同列の占いと同じです。それが取って代わったのは、「へびつかい座」が廃れて消えたちょうどその頃です。

 

 

今では、どれだけの若い人が西洋占星術に信頼をおいて見ているかわかりませんが、鬼塚先生ほどのキャリアのある占い師の手によって、もう一度、西洋占星術が盛り上るきっかけになればと思います。

 

鬼塚ありす先生への相談はコチラから